海外の出会い

海外のインターネットを通じた出会い


フランス・パリで大人気の出会い

欧州の出会い系サイト大手、Meeticがパリ証券取引所に上場。同社の時価総額は3億6,800万ユーロ。
13カ国で利用され、5つの言語バージョンがある。
25?49歳を中心に会員数は約1250万人で、まだまだ増加中。
出会いたい相手との心理的適合性による心理シミュレーションシステムが話題になり、
高年齢層の利用者が増えている。

インドの出会い

マーケットが成長するにつれ、専門化されたサイトが多く出てきた。
趣味や興味、地理的な条件、宗教、民族など、特定のテーマを持つサイトが多い。

中国の出会いの危険

中国の出会い系サービスは、多くのインターネット人口、独身者の数から注目されていますが、
いまだ未成熟な要素が多数あるそうです。
中国出会い系サービスの殆どのウェブサイトは利益を出すのが難しく、苦戦しているそうです。
中国の子供達は、他人と協力する方法や、他人を許容する方法を知らず、自己中心的だそうです。
成長し、彼らは変わることや、順応することは難しいということに気づきます。 神待ちサイトを使う男

南アフリカで若者に人気の出会い

南アフリカではインターネットに対して否定的な世代もいるが、若い世代には受け入れられている。
ネットを通じて仲間や、恋人に出会うことは一般的になってきていて、携帯電話からのアクセスが増えているという。

日本の出会いサイト

日本の出会い系サイトは犯罪や援助交際などのダークなイメージが先行しているが、中にはサイトで恋人を作ったり、結婚に至るカップルもいるので一概には悪質とはいえないだろう。

世界の成人の、ほぼ半数以上の人が、インターネットを通じて友達を作っています。
オフラインより多くの人間関係を作ることを楽しんでいるそうです。SNSやブログの利用者も増えています。 無料出会い系が使えるんです



Copyright (C) 2008 海外の出会い All Rights Reserved.